通信制高校と定時制高校、卒業率の違い

通信制高校と定時制高校の違いは、単位制か、単位制と学年制の併用かにあります。定時制は通学しなければなりませんが、通信制ではスクーリング以外、通学しません。定時制は1年間に取らなければならない単位が決まっていて、その学年で取れなかったら次の年も同じ学年にとどまり、また単位を1から取ってゆきます。全てとれたときに進級します。通信制は学年もなければ留年もありません。自分のペースで単位を取り、卒業できる単位数をとればその時が卒業出来る時なのです。実に合理的なシステムが通信制高校ですが、それがメリットでもありデメリットでもあります。自分のペースで学習するのはくじけてしまう人も出てしまいます。モチベーションの維持も何年かに渡れば難しいものです。それが卒業率の差に結びつきます。


<通信制高校の卒業率と定時制高校の卒業率>

定時制高校の卒業率は7割前後とされています。対する通信制高校は、全体で約半分の5割弱。かなりの大きな違いがあります。若年層が殆どとなっている時代ですから、まだまだ学習面や精神面で指導者や友人の助けが欲しい年代です。それが得られない環境であることで、ついつい投げ出してしまっているのかもしれません。しかし私立の通信制高校のなかには、ほぼ全員が卒業できているという学校も実際にあります。そういっ学校は、啓発プログラムや人間形成カリキュラム、個別指導、スクーリングといったものに力を入れ、コミュニケーションも図れるように工夫しています。フォローがあれば卒業率は上昇するのですから、私立を選ぶならば、卒業率は大きなポイントとなります。

Comments are closed.

Post Navigation