通信制高校で受けることのできる就学支援金

高校に通う子供を持つ世帯の中で、年収が910万円以下の家庭では就学支援金という学費のサポートを受けることができるそうです。これは、世帯収入が子どもの教育に大きな影響を及ぼすことが統計的に明らかになったなどの理由から設けられたものだそうです。


通信制高校の学費支援は単位ごとの金額

通信制高校では、学費が生徒でことなります。卒業に必要な最低単位は74単位、これ以上の単位を取ることも制限はないので、自分で学びたいものは単位になります。ただし取得できる高卒資格そのものに違いはありません。就学支援金は74単位分、1単位につき4812円の給付が決まっています。毎年の申し込み単位数などでも給付金は変わるようなので、詳しいことは学校窓口などに聞いてみましょう。


私立は単位の値段から4812円をひいて計算を

学費の計算は、私立の通信制高校の場合、1単位の値段が大きく変わることもあるそうです。1単位、6000円程度から1万円程度まで開きがあるので、学費としては非常に大きな差額という考え方をして差支えないでしょう。卒業に必要になるギリギリの74単位分までしか出ませんから、学費面で非常に厳しいという場合には、単位の価格なども学校選びには大切な要素になっている可能性があるようです。

Comments are closed.

Post Navigation